サービス

ismartひかり

光回線サービス ismartひかり

光コラボレーションとは?

光コラボレーションとは、2015年2月より開始したサービスで、これまでNTT東西が提供してきた「フレッツ光」の提供を株式会社フォーバルテレコムや、各事業者が受け、フレッツ光の速度や品質はそのままに独自の割安プランや独自のサービスをプラスした新しい光回線の形です。

POINT1インターネットの主流は今も今後も光回線

インターネット回線にはいくつかの種類がありますが、主流は光回線
です。
光回線は従来の電話線を利用したADSLや携帯電話回線と比較すると
交換局や基地局までの距離の影響を受けにくく、高速で安定した通信
を行えるのが特徴です。

POINT2変わるのは事業者が間に入るだけ

これまでは「NTT東西(フレッツ光)⇒お客様」と提供していたインターネット回線を、「NTT東西(フレッツ光)⇒㈱フォーバルテレコム(各事業者)⇒お客様」と言う流れで提供しようと言うお話です。
すなわちNTTが直接、お客様に回線を販売するのではなく、各事業者に回線を卸売りして、それらの事業者が独自に回線を販売してくと言う事です。
日本における光回線の最大事業者であったNTTが提供するフレッツ光は、販売や契約を事業者や代理店などを通して行ったとしても、実際にサービス提供を行うのはNTT東西となります。
また、フレッツ光では、回線の契約とは別にプロバイダーの契約が必要となり、NTTとプロバイダーで支払いが別個となったり、どちらに問い合わせるべきか迷ってしまう事もありました。
一方、光コラボは、お客様にNTTが回線を直接販売するのではなく、各事業者に回線を卸売りして、それらの事業者が独自に利用者様と直接契約する事になります。
iSmartひかりの場合は、回線もプロバイダーも一体化したサービスなので、今後は支払い先や問い合わせ窓口を一本化する事が出来ます。
また、NTTとの直接契約よりも割安な価格で提供している為、今までのNTTとのフレッツ光の回線使用料より安くなる事があります。

POINT3iSmartひかり(光コラボ)で使う設備はフレッツ光とまったく同じもの

フレッツ光を使っている人が光コラボレーションに乗り換える場合、フレッツ光の設備をそのまま使いまわす為、「転用」と言います。
この転用の場合は新規に契約する場合と違って、
*工事やモデムの交換は必要ありません。
*新規工事の様な工事費用がかかりません。
*「転用」なのでフレッツ光の違約金は発生しません。
すなわち、同じ光回線を利用するにしても、お客様が割安な会社を選べる様になり、特段、設備の交換なども必要が無い為、気軽に乗り換えられる訳です。

POINT4請求方法も安心

iSmartひかりは「口座振替」「クレジットカード」「NTTまとめて請求」の3種類から選べる様になっており、
中でも「NTTまとめて請求」は、株式会社フォーバルテレコムからの請求とはなりますが、これまで同
様NTT東西のフレッツ光を利用していた頃と同じくNTTファイナンスからの請求となります。
その為、支払方法の手続きも簡単で分かり易く1本化する事も可能です。
※法人の場合は口座振替のみ

インターネットからのお問い合わせ
お知らせ/ブログ
用語辞典